B型肝炎の知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

さまざまなメディアで取り上げられているB型肝炎ですが、B型肝炎は条件次第で給付金の請求もできます。昭和23年から63年頃に集団予防接種を受けた方で、それが原因でB型肝炎に感染してしまった方は給付金を受け取ることが可能なのです。この時期には日本でB型肝炎に感染する方が急増したのですが、その理由の一つとして集団予防接種のときに注射針を使いまわしてしまったことが挙げられます。

注射針現代の医療において注射針の使いまわすといったことは考えられませんし、たいてい使い捨てタイプの注射針を用いています。現在ではそれが当たり前なのですが、かつての日本ではそれが当たり前ではありませんでした。注射針を使いまわすことはごく普通に行われていましたし、今ほど衛生管理ができていなかったのです。その結果、大勢の方がB型肝炎に感染してしまうことになりましたし、一時感染はもちろん母子感染なども起きるようになりました

B型肝炎の一時感染者はもちろん、母子感染である二次感染者も給付金の請求は可能です。ここでは、B型肝炎の母子感染や給付金請求の基礎知識についてお伝えしますから、少しでも興味を持った方はぜひ最後まで目を通してください。また、実際にB型肝炎の給付金を請求するときにはどのようにすればいいのかといった内容にも踏み込んでいますから、B型肝炎に持続感染している方、遺族にB型肝炎が原因で亡くなった方などがいる方もぜひ参考にしてください。