母子感染とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

集団予防接種のときに注射針を使いまわされたことなどが原因でB型肝炎に感染した方を一時感染者と呼びます。直接的にB型肝炎に感染した方のことで、このような方はB型肝炎給付金を受け取ることが可能です。また、一時感染者だけでなく二次感染者も受け取ることができますが、この二次感染者は母子感染した方のことを指します

母子感染母子感染とは、母親がB型肝炎の一時感染者となったことで母親から子どもに感染してしまった状態です。このような母子感染によってB型肝炎に感染してしまったという方もたくさんいますし、調べてみたら自分と母親はもちろん兄弟や姉妹もB型肝炎に感染していたというケースは少なくありません。

母子感染によってB型肝炎に感染している方はもちろん、兄弟や姉妹もみんなB型肝炎に感染してしまっているという場合でも給付金の請求は可能です。こうした場合は自分と母親だけでなく兄弟全員で訴訟をすることになるでしょう。ただ、母子感染が原因でB型肝炎になったということを証明しなくてはなりませんし、これができないことには給付金の請求ができません。いくつかの条件をクリアしなくてはならないのですが、その細かい要件については次にお伝えしましょう。