請求の方法

実際にB型肝炎に二次感染した場合どのようにして給付金請求をすればいいのかということですが、先ほど少しお話したように裁判所に提訴する必要があります。裁判所に提訴して和解調書を作成してもらい、その上で給付金を請求して受け取るという流れになります。B型肝炎の感染者であることを証明する書類などを集め、その上で裁判所に提訴するのです。

弁護士なんだか面倒くさそう、と思った方もおられるでしょうが、何もすべてを自分で行う必要はありません。恐らくほとんどの方は自分で手続きなどしていませんし、法律の専門家である弁護士に依頼しています。B型肝炎給付金請求に強い弁護士もたくさんいますし、弁護士に依頼すれば必要書類の準備から提訴までスムーズに進めてくれるでしょう。

自分の手でやりたい、というのならそれはそれで良いのですが、時間と手間がかかってしまうのは仕方ありません。弁護士だと書類の収集から提訴、その後の給付金請求の手続きまですべて行ってくれますから、できれば弁護士に依頼したほうが良いでしょう。訴状を作るのも任せられますし、原告はまず何もしなくて大丈夫です。B型肝炎給付金請求に強い弁護士に依頼するのがもっとも近道ではないでしょうか。

『参照リンク』弁護士法人アディーレ法律事務所